男性器を酷使して早漏になって考えたこと

ブログ

恋人がいない僕は自慰行為のために、小さい頃から男性器を酷使しています。だから今では少し刺激を与えただけで、イッてしまいます。身体自体は満足するのですが、心はもっと楽しみたい思いから、満たされない感情に支配されます。したがって寸止めのような感覚で、ちょっとでも長く楽しむようにしています。それである程度の時間、できる時もありますが大概は我慢できません。

早漏のせいで自慰の回数も自然と増えていくので、悪循環に陥っています。べつに今のまま、したい時にするのもありですが、やはり罪悪感もあるので最終的にはやらない方法を考えています。

対策は二つあります。一つ目は徹底的に男性器をイジることを止めます。ただ長期間していなかったからといっても、早漏は全く変わりません。だから気にならないように、いわゆる禁欲をするのです。

二つ目は楽しいオナニーライフを満喫するために、医療機関を利用する方法があります。

わたしも専門の病院で診てもらうことも考えましたが、心理面での恐怖心があります。ですが早い話オナニーをしなければいいので、今のところは利用していません。でも金銭面に余裕がないのが理由でもあるので、もしあったら治療を受けるかもしれません。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ
早漏、短小でがっかりされた夜

私の経験談は交際後初めてのセックスをする夜の話しです。元々自分の性器の大きさには自信はありませんでし …

ブログ
風俗にて勃起不全の失敗談

その日は終始緊張していました。と、いうもの自分にとって初めて風俗を利用する日、まして選んだのは外人好 …

ブログ
本番行為が好きな彼女に唖然とされたあと、浮気が発覚した件

私が当時付き合っていた彼女はいわゆるビッチというやつでした。一応付き合った男としか本番行為はしないと …